bBLOG

2016.03.27.Sun

Sensitive Brothers 軽い活動報告

こんばんは。大竹です。
Sensitive Brothers自主ライブから1月ほどたちまして、少しばかりの達成感と燃え尽き感を味あわせてもらえています。
公開した演奏動画も僕の予想よりも多くの人に見てもらえているようでとても嬉しいです。
こちらの動画が、公開1か月で2000再生に到達しました。

 

Sensitive Brothers ”To Me!” Live 2016.2.8  O-nest

 

Youtubeのシステムがあまり詳しくわからないけれど、平日の昼のあいだに50再生くらい増えるのを見たりすると、誰かがオフィスで働きながらずっと再生数を上げてくれるように頑張ってくれてたりするのかななんて想像したりして、勝手に喜んでいます。
再生数があがることとか、チャンネル登録というのを行ってくれている人がたくさんいてくれて、活動に対するリアクションというのは本当に力をもらえるものだなと思います。
広告収入を得てるわけでも得たいわけでもないので再生数や時間に頓着する理由はないのですが、上がれば上がるだけ嬉しいというのは不思議なものですね。

 

 

Sensitive Brothersは新しい仕事を一つ引き受けました。

5月にはすべて発表出来ると思いますが、とある音楽制作を担当することになりました。
自分たちの正式な盤面のレコーディングや制作も行わないままに、このようなことを引き受けていいのかなとも思うのですが、せっかくお声かけいただけたことなので頑張ろうと思っています。
現状は僕が一人で自宅で作曲とデモ音源のセルフレコーディングに勤しんでいます。孤独な作業です。
4月中にバンドでのリハーサルとレコーディング、5月には発表という流れになると思います。

発表された際には、多くの人に聞いてもらえると思うので、今から気が引き締まります。
詳細決まり次第こちらでもお知らせしますので、よろしくお願いします。

 

 

あとは、僕が一人で、おととい「6人のテレビ局員と1人の千原ジュニア」というライブにピアノの演奏と作曲で参加しました。すごく緊張感のある現場でしたが、やっぱり単純に「ちょっと力貸してくれ」と言われるのが一番うれしいことなのだなと思いました。
公演のレポートはこちらです。
http://natalie.mu/owarai/news/181134

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket


sSOUND

0VIDEO

ttwitter